『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『エクスカーション』
今日はみんなで観光の日☆
オックスフォードからバスで一時間、謎の巨石群と言われるストーンヘンジへ!

mobmain2.jpg


3500年以上も前に造られたそうです。その数字を聞くだけで頭がくらくらしてしまいました。広大な空間に巨大な石だけ存在する光景は、神秘的とも不気味ともつかない、不思議なものでした。気の遠くなるような数字と不可解な光景に、自分を忘れるような感覚を覚えました。オーディオガイドによると、石はウェールズから運ばれてきましたが、造られた目的は依然として謎のままだそうです。余談ですが、オーディオガイドの説明が少し大げさで、石の様子について「歯茎に生えた歯のように」と言っていたのが印象に残っています(笑)


午後はバース(Bath)、お風呂という言葉の起源となった街へ。ローマ浴場博物館に行きました。2000年も前に造られたという浴場は、お庭のように建物に囲まれていて贅沢な雰囲気でした。内部には、お風呂の文化にまつわるものの展示が。見ていると、日本の温泉が恋しくなってきました。そういえば、もう二週間近くも湯舟に浸かっていないなぁ…こんな発想しかできない自分が悲しいです(泣)


【2005/09/03 06:41】 | コメント(0) |
『近況報告』
イギリスに来て一週間半、ようやく授業にも慣れてきました。
先生の話すスピードが速く、初めはちんぷんかんぷんでしたが、なんとか話している概要くらいはつかめるようになってきました。それでも、街に出て道行く人の会話に耳を傾けてみると、何を言っているのかわからないことが多々あって、修行が足りないな~と思います。


そして、会話はもっと大変!スピーキングの練習を集中的にやったことがほとんどなかったので、毎日が悪戦苦闘です。また、会話は特に、自分との闘いだということを実感しています。話すか話さないか、その決定は自分の意志に委ねられるし、伝えたいことが自分にあって、それを相手にわかりやすく伝えることができるか、ということが要求されます。英会話力をつけるには、まずコミュニケーション能力を磨くことが大切なんだな、と思いました。大学のアナウンス研究会で、相手に伝えようとする気持ちが大切、とよく先輩方から言われますが、英会話においても一緒だと痛感します。毎日が自分との反省会です。


他にも、感じていることはたくさんありますが、やっぱり一番に思うのは、友達っていい!ということです。大学2年生になってからは生活環境がほとんど固定されて、新しい友達ができることが少なかったので、この留学の間にたくさんの友達ができたのは本当にうれしいです!留学期間はみんなで寮で生活しているので、修学旅行みたいな感覚です。部屋に遊びに行ったり、一緒に観光したり、寮の近くのパブ(イギリスは18歳以上なら飲酒OKなので…)に行ったり、そんな一つ一つのことが幸せです。


あと、一週間と少し、たくさん学んでたくさん思い出を作りたいなぁ。ひとまわり成長した姿になれるように…




【2005/09/02 09:17】 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『イギリスから』
イギリスのオクスフォードに来て一週間が経ちました!
大学の附属機関主催のプログラムで、月曜~木曜が授業、金曜がエクスカーション(参加者全員で観光)、土日が自由時間、という内容になっています。
慣れない環境と緊張のせいか、初めの三日間は頭痛が止まらず、ものすごく不安でしたが、今は授業にも慣れ、友達もできて本当に楽しく過ごしています。大学、教会、博物館が建ち並ぶ街並にも気が引き締まります。

mobmain15.jpg

上の写真は、先週土曜日の自由時間に行ったカンタベリー大聖堂のものです!世界文化遺産にもなっています。小さな建物が並ぶこじんまりとした街の奥にあり、まさに神聖、荘厳といった感じでした。1400年以上も毎日礼拝が行われているそうで、私たちが訪れたときにも、聖歌を聞くことができました。アーチ型の高い天井、内部の細かいステンドグラスも印象的で、何年後かにもう一度来たい!と強く思いました。


その後は、バスでドーバー海峡へ!石灰の白い崖、石の浜辺、うっすら見えるフランスの街並に感激しきりです。海峡といっても穏やかな海で、落ちついたリゾート地のように感じました。

mobmaine.jpg



他にも、金曜にはコッツウォルズ(絵本に出てくるような街でした)、日曜にはストラットフォードに(シェークスピアゆかりの地です)に行きました。
イギリスに来て思うのは、建物の統一感が、ひとつの街並を形成しているということです。オクスフォードなら、どの建物も大学と同じようなつくりをしていて、コッツウォルズなら、海外の絵本に出てくるようなかわいらしい家が並んでいる、という感じです。


今週末は、ストーンヘンジやロンドンに行く予定です。イギリスのいろいろな表情に出会えるのが楽しみです☆


【2005/09/01 06:31】 | トラックバック(0) | コメント(0) |
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。